AFTER HOME

長岡京市のいいところ♡

長岡京市の魅力とはなんでしょうか?こちらでは長岡京の魅力や観光スポット、住みやすさまでをご紹介していきます

長岡京市のいいところ♡

長岡京市は隣にある向日市と大山崎町とともに筍の産地として知られており、また、食用菜の花の産地でもあります。そして長岡京市は大きく東部、中部、西部に分類されており、JR長岡京駅周辺は東部に分類されます。
東部に分類されるJR長岡京駅周辺には、村田製作所、パナソニック、三菱電機などの企業が進出していたりと、大手企業が多く点在しています。また、中部に位置する阪急長岡天神駅周辺には、商業地や住宅から構成されており、長岡京市の中心地となっています。そして、西部に位置する京都府道10号大山崎大枝線が通る場所は、主に西山の丘陵地帯で、自然豊かな地域となっており、有名な神社などが点在しています。
長岡京市は、長い歴史を持つ地域で、古代の日本都市だったと言われている長岡京の地が、現在の長岡京市となっているそうです。「長岡京」と聞くと歴史を感じる人も多くいるのではないでしょうか。
そんな長岡京とは、平城京の地理的弱点を克服しようとした都市で、平城京から40㎞北にある長岡の地に遷都して造営されました。長岡京の周辺には桂川、宇治川などの大きな川が淀川につながる合流地点で、船が効率よく、物資を運ぶことができるようになり、平城京での問題点であった「陸路を使うしかない」という事が解消されました。長い歴史の中、平城京から遷都され、平安京に遷都されるまで、長岡京が機能していたのは、僅か10年余りです。短い中にも非常に多くの出来事が語り継がれている長岡京は歴史の魅力が多くある街だとも言えるでしょう。非京都の歴史の一部に触れてみてください。
歴史の深い長岡京市の魅力を紹介してきましたが、長岡京市の住みやすさはいかがでしょうか。次にご紹介するのは、長岡京市の住みやすさについて、賃貸情報や、交通便などについてご紹介していきます。
長岡京市にある主要の駅は、「JR長岡京」と「阪急長岡天満宮」です。長岡京心お交通を支える2つの駅は、JR長岡京から京都駅までは快速でたった5分で到着し、新大阪までは20分で到着出来ます。また、阪急長岡天満宮から河原町までは16分、梅田駅までは29分で到着するなど、アクセスが非常にしやすいエリアとなっています。2004年に都市再開発によって、より便利に生まれ変わり、JR長岡京の駅前にはバスロータリー、ペデストリアンデッキが設けられています。
長岡京市は、非常に住みやすい街です。観光スポットはもちろん、おいしいご飯屋さんや、自然も多くあるので、毎日飽きることなく、楽しく住める街でもあります。
お子様がいる家庭の人たちにもお勧めできますし、一人暮らしの人にもおすすめができるエリアでもあるので、家をお探しの方には是非候補の一つに入れていただきたいエリアです。
美しい風景を見ながらまったり休日にお散歩なんかも素敵なので、是非参考にしていただければ幸いです。